HOME > 外来のご案内 > 肛門外科 痔の症状 > 肛門外科 日帰り手術

肛門外科 日帰り手術

切らずに日帰り手術 ALTA(アルタ)療法 ジオン注

ALTA(アルタ)療法

当クリニックでは、痛みの少ない日帰り手術を行っています。

日帰り手術の「内痔核硬化療法(ALTA療法/アルタ療法)」は、痔に直接、注射(ジオン注)を打ち、内痔核(いぼ痔・脱肛)の治療法で「ジオン注硬化療法」ALTA(アルタ)というひとつの痔核に対して4か所に分けて注射を行う「四段階注射法」という特殊な治療方法です。痔核は切除しないで、硬化剤の注射により血流を遮断して、腫れている部分にも注射し、血液を固めて血管に炎症を起こしてる痔をつぶす治療法です。痛みを感じることのない粘膜、粘膜下層に注射しますので、治療中まったく痛みを伴いません。

以前より用いられている硬化剤に比べると、痔核を硬化、退縮させることができ、効果ははるかに優れています。現在は、研修を受けた医師のみしか行う事ができません。

痔核の切開手術が必要な場合でも、ジオン注の併用で術後の痛みが格段に緩和され、安静期間が短縮できます。患者さんにもよりますが、治療施行後、二日程は安静にして翌々日または数日後から仕事復帰が可能という場合もあり、術後の安静期間や痛みが少ないことがメリットです。

すべての痔核が適応ではなく、症例によって、患者さんと合併症などを考慮した上で慎重に繊細な投与手技をしています。

術後は、痔核に注入された薬剤が、 腎臓から尿中に排泄されるので、十分な水分接種と尿量の確保は手術前から行います。術中、術前、術後の注意点など医師と十分相談して行います。